#2 会社における、会計とは何か

会計とは数値化し、報告すること

会計(企業会計)とは、会社が利害関係者と経営者に対して経営活動を数値化し、報告することです。
企業会計と言っても、普通の会計とはどう違うのでしょうか。


財務会計と管理会計

現在の企業会計は報告をする相手によって「財務会計」と「管理会計」に分類されます。
違いは次の通りです。

◆財務会計(外部会計)

企業外部の利害関係者に対する報告を目的とした会計処理です。

会社は株主から出資を募って資金調達したり、金融機関からの融資を受けて資金調達を行います。
会社の信用を表す決算書等を作成して、定期的に経営状況を報告しなければなりません。

◆管理会計(内部会計)

企業内部の経営者に対する報告を目的とした会計処理です。
経営者は、報告された数値をもとに経営方針・計画策定を決定します。

どう違うのか?

財務会計と管理会計の違いは、報告する相手だけではなく処理方法にも違いがあります。
財務会計は外部に対して行う報告ですので、誰もがわかるように定められた会社法や税法等のルールに従って行います。

一方、管理会計は内部への報告ですので決められたルールはありません。
会社や業種によって様式・報告形態はさまざまです。

 

会計の仕事内容

会計は複式簿記を使って会社の経済活動を数値化していきます。

難しく専門的なイメージがありますが、身近にある会計といえば家庭の家計簿も簿記の一つです。

「収入」=給料、「支出」=食費や光熱費 というイメージです。

式に表すと下記のとおりです。

収入−支出=利益

収入以上に支出が多い月があれば、その月は「赤字」になりますよね。
これを続けてしまうと、貯金がなくなり、お金を借りなくてはならなくなります。

逆に収入よりも支出が少なければ「黒字」ということになります。
余ったお金(利益)は貯金となって積みあがります。

会社の実務では複式簿記を使用しますので、
収入や経費を認識する時期や計上方法が家計簿より厳密になりますので処理は複雑になります。

しかし、家計簿と同様に収入から経費を差し引き、
プラスになれば「黒字」、マイナスになれば「赤字」となる考え方は同じです。
会社の家計簿である「会計帳簿」を作成して、管理していくのです。

 

会計は「原因」も明らかに・・・

算出された利益の他に、会計では同時にもう一つ重要な情報を提供しています。

先の家計簿の例にすると「赤字」だったということは、
手持ちの現金が先月よりマイナスになっているということであり「赤字=現金の減少」を意味します。

式に表すと下記のとおりです。

収益−費用=損益=現金の増減

収入と経費を差し引きする損益計算を「原因」とするならば、財産状況を示す現金の増減は「結果」となります。

会計処理の具体的な手順

実際に、会計処理がどのような手順で処理されていくのか順を追っていきましょう!

1. 会社の取引を計上

経営活動の取引を複式簿記にて、仕訳として数値化します。

・現金預金の仕訳計上 → 例)現金 100,000円 /売掛金 100,000円

・売上、仕入の仕訳計上 → 例)仕入 50,000円/買掛金 50,000円

・受取手形、支払手形の仕訳計上 →例)支払手形 500,000円/当座預金 500,000円

2. 資産負債の確定

起票した仕訳により計算された資産負債の残高が決算日現在で正しい数値かを検証します。

例)現金出納帳の残高 59,680円
実際の金庫にある現金の残高 59,680円 ✔一致している

3. 収益費用の内容確認

複式簿記の原理により、資産負債を確定すると収益費用の額も確定しますので、内容を確認します。

・費用のなかに固定資産になるものがないか?

・勘定科目は正しいか?

・プライベートな出費ではないか?

 

4. 貸借対照表、損益計算書の作成

3.までの処理で作成される精算表から貸借対照表と損益計算書の項目に分け、決算書類を完成させます。

貸借対照表は、会社にどれくらいの財産や借金があるのか?という財務状態を表したものです。
損益計算書は、会社にどれだけの売上や仕入、利益はどれぐらいあったのかを表したものです。

上記の決算書類をもって、会社の一年間の経営成績を外部の利害関係者と内部の経営者に報告します。

まとめ

 会計とは…
複式簿記を使って経営活動を数値化して報告すること。

会計というと、先程お伝えしたように機械的な計算をするイメージの方が強いですよね。
しかし、実際は正確性が求められる財務会計と、自由に組み立てられる管理会計の二つが存在します。
管理会計においては、経営者や役員が分かりやすく、経営方針や経営計画を導き出せる数字が求められます。

 

それでは会計データはどのように経営に活かしていけばよいのでしょうか?
管理会計資料って具体的にどんなものでしょうか?
こちらは次回解説してまいります。

 

今回は「会計とは何か?」を開設してまいりました。
最後までご覧いただきありがとうございます<(_ _)>

 

次回は第3回 #3会計データを経営に活かすには!? です。